田辺高校応援団管理者の活動を記録するブログ
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
経営の神様と現代政治

かつてロッキード事件で露呈した

政治腐敗を目にして、松下政経塾が設立されました

設立者はいわずと知れた「経営の神」松下幸之助氏

リーダーになる人に知っておいてほしいこと

もし、現在に幸之助さんがご存命であったら

この日本を見てなんと言うだろうか

松下政経塾出身の政治家を見て

なんと言うだろうか

神様の言葉を聞きたい

JUGEMテーマ:ビジネス
JUGEMテーマ:政治

正義と真実、そして調和

世界は3つの要素から出来ている

 正義

 真実

 調和

中でも真実が一番大事で

真実がなければ正義はありあえず

虚偽に基づく調和は不和と争いを招く

これは、賢人「シモン・ベン・ガムリエル」の言葉

1800年前に書かれたユダヤ教の律法と

ラビの言葉を集めた法典「タルムード」の中に記載されています


昔の賢人は本当にいい言葉を残してくれます

この言葉が世界の心理を正確に表しているなら

現在の世界には真実が見えない

だから、何が正義か明確に出来ず

調和ではなく、武力による均衡でなんとか成り立っている


奇麗事は嫌いなのでこの辺にしますが

少なくとも、家庭や会社など小さな集団の中では

大事な3要素だと思います

ちなみに私は神道です(ユダヤ教信者ではありません)

JUGEMテーマ:宗教と人文学
JUGEMテーマ:政治
JUGEMテーマ:国際社会

消費税
JUGEMテーマ:政治

消費税5→10%

高齢化してしまった日本においては

「致し方ない」と思っている

ただし、「低所得(首相の発言では400万以下)は還付」については

賛成しかねる

消費税は所得に関係なく

子供から老人まで浅く広く徴収するための手段であり

年収400万以下を免除してしまうと負担は偏る

年収400万以下世帯は少なくないので

結局消費税を多く負担するのは高所得世帯となる

高所得世帯はそもそも所得税の掛け率が高い

そこへさらに消費税を負担しろと言われると

何のために働いているか分からない

これでは低所得者が既得権になってしまう

日本のリーダーたる首相の体たらくを見るもの

もはや我慢ならない

(続)イライラする社会民主党
JUGEMテーマ:政治

普天間飛行場移設問題で消費者行政担当相を罷免され

社民党の福島瑞穂党首連立政権離脱の可能性を示唆

離脱すればよろしい

先のブログで社民党、同党首福島瑞穂を非難しましたが

もう一人、つるし上げなくてはなりません

それは、辻元清美国土交通副大臣

2002年、証人喚問された鈴木宗男に対し

「あなたは疑惑の総合商社」と罵倒したあの方

今度は、「連休の分散化」

国内を5ブロックに分け、連休をずらして実施するという案

観光地の繁忙期と閑散期を平準化するのが狙い

各メディア、コメンテーター、評論家は

メリット、デメリットに焦点を当てていますが

全くのお門違い

休日の本来の意味を置き去りにしてはいないだろうか

祝日と祭日の持つ意味を日本国民として考えるべきである

辻元清美議員は政(まつりごと)に携わる資格は無い

社民党に関しては国家思想を疑わざるを得ない

イライラする社会民主党
JUGEMテーマ:政治

イライラが積る今日この頃ですが

理由は一つ、日本の政治

今日のイライラは

福島瑞穂消費者行政担当相

米軍基地の普天間→辺野古移転という政府方針に対し

閣議で著名を拒否するとのこと

だったら、民主との連立を解消し

夏に行われる次期参議院選挙において単独で圧勝しなさいな


リベラルといえば聞こえは良いが

ただの「おめでたい人の集まり」

ほんと、勘弁してもらいたい

国家というものをどう考えているだか?

円の独歩高
JUGEMテーマ:政治

世界において円が独歩高

各国が行っている自国通貨に対する対策に比べて

日本はあまりに受動的過ぎる


ユーロの脆弱性が今回明らかになったわけですが

日本が学ぶべきは

「一国一通貨制」

一国一通貨でなければ

政策の執行以前にまとめることすら困難であるということです


今後10年、25年、50年のグランドデザイン

日本のあるべき姿は安易なアジア連携にあらず

亀井 郵政・金融担当大臣は政界を去るべき

亀井 郵政・金融担当大臣は政界を去るべき

中小企業向け融資や住宅ローンを返済猶予する制度を進めている

そう、モラトリアムというものですが

時代錯誤

今と昔では経済の構造が違う

現実的な問題として

銀行の貸し渋りが加速したり

最悪の場合、銀行の経営を圧迫する

中小企業向けの貸し出しをしている銀行は

メガバンクに比べて地方銀行が多い

共倒れという最悪のシナリオを意識しておく必要があるだろう

もしやるなら銀行へ資金注入をするなど

銀行自体にゆとりをあたえるべきだろう

何でも片方だけを緩めとか締めるというのは理に合わない

政界に限らずボケた役者は引退されたし
パラサイト政党

次の内閣人事が進んでいるが

亀井、福島が大臣ポストを要求している

政においてポストを自ら要求する自体おかしいが

たかだか数議席の党から大臣とは、なかなかがめつい

自民時代には公明という寄生虫が寄生していたが

(公明=創価学会は日本に寄生しているとも言えるが)

民主では国民新党と社民が寄生する

「郵便局を国営に」だの「自衛隊は違憲」だの言い出すかと思うと

先行き不安になる