田辺高校応援団管理者の活動を記録するブログ
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ざこば・円楽 二人会 | main | フルーツグラノーラ >>
小澤征爾先生名誉
JUGEMテーマ:音楽
JUGEMテーマ:クラシック音楽

小澤征爾さんがウィーン・フィル名誉団員の称号を贈呈されました

日本人として初めての快挙で非常におめでたいニュースです

小澤征爾さん演奏のアルバムはいくつか所有していますが

ドボルザーク 交響曲第9番「新世界から」が最も好きです

小澤征爾

手前がウィーンフィルとの演奏

奥がボストン交響楽団との演奏

特に1975年にボストン交響楽団との演奏が衝撃的でした

これまではドボルザーク出身のチェコ様式が主流で

ノイマン指揮によるチェコフィルが

最もスタンダードとされていたように思います

それに対してこの小澤指揮によるボストンの演奏は

そういったスタンダードではないのですが

以外にも楽譜に忠実と言われています

欧州では楽譜に書かれていない指示を

「しきたり」いう形で受け継ぎ、それを伝統としてよしとしてきました

小澤さんはこういった「しきたり」は持ち合わせていないので

作曲家が残した目の前の楽譜にのみフォーカスしているからなのです

そして、それが最も感じられるのがこの演奏です


「35年前の演奏が時を越えて鑑賞できる」

録音技術に感謝しながら

この演奏を堪能して頂きたいと思います

時事ドットコム

COMMENT









Trackback URL
http://ouenblog.divaandco.com/trackback/940801
TRACKBACK