田辺高校応援団管理者の活動を記録するブログ
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 口座開設は面倒 | main | のだめカンタービレと心のフレ >>
外観基準を決めない設計者は三流

ある設計者との会話で

「外観基準は決めてないの?」の質問に対して

「なんで、設計者が外観基準を決めないといけないの?

機能に関わる外観ならともかく」

あきれて言葉にならねぇ 

さらに機能という言葉の定義も間違えてるし

ちなみに、外観にも機能があります

B to C なら『消費者の気持ちを豊かにする』など

B to B なら『安心感を与える』

体裁(外観を気にする)部品ではない場合

「ねじ」でもいい、板金でもいい

それを部品として受け取ったお客さんはどう感じるか?

傷だらけの場合、どう感じるだろうか?

寸法が図面通りでも、その製造工程を疑う

それが、外観の機能と品質です

それを理解出来ていない設計者は三流

BtoBの限られた世界では商習慣で何とかなるかも知れませんが

BtoCのコンシューマ製品の世界では通用しない

皆さんの周りの設計者は大丈夫ですか?

心配なら、外観不良品を見せてみてください

「機能上問題ない。外観だけの問題。」

と答えたら要注意です

「そんなの、現場で判断して」、「常識で判断して」

と答えたらアウトです

JUGEMテーマ:品質保証

COMMENT









Trackback URL
http://ouenblog.divaandco.com/trackback/940981
TRACKBACK